テレビ会議をうまく活用して効率アップ。

今の時代、テレビ会議という言葉が目立ってきました。同じ施設内での会議の場合は問題ないのですが、施設長の代表会議など他施設で行う会議の際には、各個人の移動時間や交通費、開始時間などかなりの制約をうける方もおられることでしょう。今、そんな異なる状況の中でテレビ会議を設置し、実施されている企業も増えてきています。これを用いることで、会議ぎりぎりの時間まで、他の仕事に割り当てることが可能になりますし、移動時間がなくなります。

ある程度、機器設置に関する費用は発生すると思われますが、全体の収支から考えた時、コスト削減、時間の削減ができることになります。社会の中で、数年前からテレビ会議を利用されている大塚商会のような企業もあるようです。これらをうまく活用することでさらに活発な情報の提供も可能になりますし、職場を活性化することや迅速な意思の決定も行うことができるようになります。また8年連続でシェアNo1を達成されたテレビ会議のクラウドサービスは、クラウドランキングのベストサービスに選出もされています。

テレビ会議も設立された当初は高価な印象もありましたが、今Skypeのグループ機能を使うことで、揃える機材としてPCや安いwebカメラなどで手軽に始めることができるようになっています。今現在での問題点としては、いくつかあります。その中には情報の漏れの発生や音声の途切れ、情報の共有機能の有無などが考えられますのでメリットばかりではないことも周知しておく必要があります。それを知った上での活用は多くのメリットになるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です